スイングインパクト2.5 ミドストレンジに最適

・意外に知らない人が多いケイテック社

ケイテック社と言えば故 林圭一氏設立の会社なのだが、そのワームについては意外に使っている人間を見ない。使えるワームは多かったりするのだが、広告宣伝に力を入れていないせいか使っている存在自体知らないアングラーも多いように感じる。しかし、そのワーム類については使えるものが多く、デカバスにも効くワームが多いので一度紹介したかった会社のひとつである。林圭一氏自体知らない方も多いがフリッパーのテクニックについては、個人的に最高峰の方だと思っている。


・ケイテック・スイングインパクト2.5

いわゆる超小型スイムベイトであるが、食わしの釣りを行う際にはこのサイズがちょうど良かったりする。バス釣りを行う上でサーチ・ワークというふたつの考え方があるが、ワークつまり食わしの釣りを展開する際にはこのワームが大活躍する。例えば、ジャークベイトやクランクベイトを流した結果、あるポジションにてバイトがあった。その場合において、サーチで判明したそのポジションにいるバスをどう食わせるかという時において、選択肢になり得るワームである。ワームの値段もそこまで高くなく懐に優しいのが特徴だ。

上記の画像は合川ダムにて、ミノーを流した際にアタリが合ったのでスイングインパクト2.5をフォローで入れた際に釣れたバスである。フォローで入れる際に中層ポジションのバスならば一撃で釣れると言っても過言ではない。ポジションが底であるならば、ダウンショットにして底を狙いに行けるといった汎用型ワームのひとつである。サイズは期待できないが、坊主を逃れるのにはちょうどいいと言った感じ。

・使い方

①ダウンショット
②中層ミドスト

①については言わずもがな、ダウンショットでいつも通りの釣りを展開するだけ。②については、ちょっと特殊なタックルが必要になるので下記を見て頂きたい。

※②の中層ミドストについて(Kリグと呼んでいる)
タックルはスピニングナイロン4lbライン、ロッドについてはulの柔らかめのロッドを使うことになる。ここで大切なのは、フックなのだが、これをメバル用のジグヘッドを使うことでゆっくり水中をフワフワ浮かす事が出来るようになる。

アジングの応用に近い形の釣りであり、意外にもバスにも効く。食わしに関してはこれひとつあれば何とかなるタックルだと思っている。釣り方については、キャスティング後ラインをリールからヒトヒロくらい出し、ラインテンションはダルダルの状態のまま下にワームを落とす。ワームを取りたい魚のレンジまで送ったなら水面に浮かんでいるラインをゆっくり回収するだけでいい。もしそれでも食ってこない場合には、もう一度同じラインにキャスティング後、今度はロッドを縦にして小刻みに動かしながら、水面上のラインをゆっくり回収する。これは普通のミドストと同じ感じなのでミドスト動画を確認して欲しい。

これさえ出来れば、確実に取れるバスが増える事間違いなしなので是非とも使って頂きたい。
新品価格
¥365から
(2017/11/19 14:47時点)

0 件のコメント :

コメントを投稿