傷付けたくないそのリールにはリールケースを

・あこがれのリールを購入後

マジマジリールを見つめ、次の釣行の際どのような釣りをしようか。という妄想を行うアングラーは多いだろう。実際リール購入時のハイテンションは活性の高いバスのようなものだ。しかしながらその愛しのリール、裸のまま持っていく事が多いアングラーが多いのでないだろうか。以外にリールの素材は脆い物が多く、傷が付きやすい。人に寄ってはボロボロになっていく過程こそ美しいと主張するジョブズ的な思考の方もいるだろう。だが、そういう方はごく一部だと思う。昨今のリールは高品質高性能のものが増えたのと同時に値段もそれなりにするので、大切に使いたい方が大半だろう。また、リール自体が合わなかった際にはオークション等で売却すると言った選択肢も増えた事からリールに傷を極力付けたくない。そういう時にオススメなのがリールガードだ。

・リールガードとは

リールガードは移動時のリールを保護するもので、よくあるリール保護を目的としたカバーなのだが、使用時以外はそのカバーを付けておく事で急なトラブルの際でも傷がつきにくい。友人同士で釣りに行く際に車のロッドホルダーにタックルを詰め込んでタックル同士がぶつかり合っても安心出来る点は非常にありがたい優れものだ。amazonにおいては大体1200円くらいなので、経済的にも優しくオススメ商品だ。

上記はシマノ リールケース リールガードなのだが、タックルのハンドル部分を除く部分をまとめて包んでくれているので、タックル同士がぶつかり合ったとしても何の問題も無い。私の場合、タックルセッティングを現地で行うのがめんどくさいという理由もあり、常にタックルセッティング後車に積めるという無精者なのでとてもありがたい。スピニング用もあるのでタックルがたくさんの方は特に買っておいて損はないだろう。

リールガードのサイズについて

シマノ リールガードのサイズ展開については、S・M・Lの3サイズが展開されているがバス用についてはSを選ぶ事。Sサイズがリールのサイズに一番合っているように思う。もし、無精者がいるならば是非購入を検討してみてはどうだろうか。

新品価格
¥1,165から
(2017/11/19 14:05時点)

新品価格
¥1,415から
(2017/11/19 14:03時点)

0 件のコメント :

コメントを投稿