VISION ONETEN +1 1.8mゾーンのジャークベイト

・メガバス第2弾

MEGABASS社のジャークベイト、ONETEN。アメリカではマネーベイトと呼ばれ賞金を稼がせてくれるプラグとして親しまれている。2000年のバスマスタークラシックで圧倒的釣果を叩き出した物だ。ワンテンは0.5mのレンジを攻めるのに適している。しかし、バスのレンジがいつもより下の場合については、中々ワンテンを使っていても釣れない事がある。そんなときはレンジを下げるべく、VISION ONETEN +1により1.8m以下のレンジを攻める事となる。

・VISION ONETEN +1 は

オリジナルのワンテンよりも一段深い1.8m以浅のミッドレンジ攻略のために開発されたロングビル・ジャークベイトとなっているが、ラインを14lb巻いた場合については1.2m前後のゾーンを攻めるのに適している。オリジナルワンテンなどのショートリップのジャークベイトでは浅すぎ、スプーンビルやクランクベイトでは深すぎる時に使用。ワンテンオリジナルがハイシーズン中心に攻めるのに適しているのに対して、ワンテン+1は初春・秋・冬、特に秋・気温の急激な変化により中々バスが上に上がれない状態に出番となってくる
一般的にロングビルミノーは、リップが受ける水流抵抗が大きく、ワイドなダートアクションが難しいとされてるが、ワンテン+1はリップで受けた水流をボディ頭部に効率よく流し、ロングリップでありながらキレ味鋭いワイドなダートアクションが可能。なのでオリジナルワンテンに比べても見劣りしないダートを実現している。
水深のある中層でのフラッシング効果とジャーク時のサウンドによりバスを寄せる効果は絶大で、ジャーク後、ワンテン+1を数秒止めているとラインが動きバスがワンテン+1を持っていくようなアタリが何度もあった。ジャーク・ストップの動作によりバスを寄せてから食べさせる間を与えれば自ずと釣れるプラグだと思う。
ロッドにもよるがmegabass社が提唱するデュアルタングステンウエイトによる重心移動システムにより、30m弱くらいならば簡単に飛ばせるのでピンポイントでポイントを狙えるのもこのプラグをオススメする一つかと。
野池だろうが、琵琶湖だろうがどこでも使える。重量が1/2ozなのでタックルはMロッド以上・ラインはフロロ14lbアタリがベストと思われる。

・使い方

①ジャーク(ジャーク2回・ストップ)
タックルはMH・ファーストムービング系ロッド、リールはタトゥーラ、ラインはフロロライン14lbで構成。本格的にジャークベイトをやりたい方、余力がある方はエクスプライド165ml+を購入するのも有りかも?

※ジャークの注意点
①シーズンによってジャーク幅は調整が必要
ジャークした時糸ふけをとるためリーリングするがハンドル半分回すか、1/4だけ回すかはその時のバスの活性に左右されるので調整必須。ハイシーズンならば半分、急激な気温の変化があった日や冬は1/4だけ回すようにしている。

②ジャーク後のストップ時間について
基本的にジャーク2回・ストップの動作を行う。このストップの時間は冬の場合、7秒くらい必要。これも日によって全く違うのでその日のコンディションに合わせる必要あり。コンディションが悪すぎる場合・真冬にはトゥイッチ2回・ストップの動作に変更。


※野池・護岸パターンという手法
シークレット手法の一つ。皿池で護岸に覆われている場所には護岸ブロックから沖に5m程キャストし巻いて、水面下から数えてブロック5個目辺りにワンテン+1をジャークさせ護岸に当てていく。上記写真のように野池は護岸ブロックとなっている事が多いが護岸ブロックが途切れる辺りにバスが待機している事が多く、ワザとワンテン+1を護岸に当ててイレギュラーなダートを行えば堪らずバスが横から食らいつく。この手法により他のアングラーに比べて釣果を叩き出すことも可能。ただし、リップは削れやすいので注意・・・・

・欠点

フックが合わな1日中ジャークベイトをやると確実に筋肉痛になる笑 筋力自慢の方なら1日中やっても特にダメージはないと思われ。ワンテンオリジナルと+1、両方持っていっておけばそれなりに戦えるのでオススメします。

新品価格
¥1,848から
(2018/12/3 22:09時点)

価格:2,001円
(2018/12/3 22:12時点)
感想(0件)

新品価格
¥18,603から
(2019/1/3 12:35時点)

0 件のコメント :

コメントを投稿