アングラーには必須アイテム 偏光サングラス

・バスが見える!

初めて偏光サングラスを掛けたときの感想なのだが、釣果まで変わるとは思わなかったのが本音である。今ではサイトと呼ばれる手法がメジャーになったが釣りを始めた頃は全くそういう気配もなく今程サングラスを掛けているアングラーは多くなかったと思う。今では至る所にいるが、現在では必須のアイテムのひとつとなったと思う。

・社会人になって

パソコンと向き合う日々、今やパソコンが出来て当たり前の空気が漂い社会人成り初めはパソコンとの睨み合いが仕事であった。その中で落ちて行く視力。そのせいで掛けられなくなった偏光サングラス。度入りを購入するかと悩んでいたところ、眼鏡+偏光サングラスで掛けられるタイプがあることを知る。それが冒険王サングラス ネオサンカバーだ。
これが凄いのは眼鏡の上に掛けられて、かつ、そこまで重くないので一日中掛けられる点だ。そして、水中のバスが良く見えるので釣果は著しく増加するので是非持ってない人は必見だと思う。既に4年経っているが、故障も無く丈夫である。
眼鏡はスクウェア・オーバル・ハーフリムで全体的に細め・小さめなら装着可能であり、値段も3000円以内と経済的にも助かる商品だと思う。

・カラー展開は基本的に2色



どちらでも気に入った方を使えば良いと思う。サンデーアングラーにとってはそこまで拘る必要もないと思っているので好きなカラー選択で間違いないかと。

・気になる運転は?

特に支障もなく車の運転が出来る。偏光サングラスを掛けて琵琶湖に向かう為、往復で合計400km走ったりしたが特にダメージもなく通常の運転と変わらないと感じている。まあサングラスを掛けて音楽を流し気分転換するぐらいにはちょうどいいかと思う。夜は夜目の人間からすれば支障はないが、余りオススメはしない。そこは普通の眼鏡で運転する事を推奨します(笑)


価格:2,700円
(2018/5/5 22:29時点)


0 件のコメント :

コメントを投稿