osp ハイカットsp 万能系シャッドの真髄

・シャッドは色々あるが・・・

現在シャッドと言えば各メーカーが挙って開発しているジャンルのひとつだと思う。その中でも有名なものとしてジャッカル・ソウルシャッドなどが挙げられるが、その性能は各社アピールポイントが違うためどれを選べば良いか迷う人も多いのではないだろうか。
その時オススメしたいのがosp・ハイカットである。

・シャッドの出番は

上記に記した通り、シャッドは各社開発に力を入れており様々なシャッドが世に出ている。が、仕様用途については様々なのでどれが一概に良いとは言えなかったりする。巻きシャッド・クランク系などそのシーンに合ったものをチョイスする必要があるので、選択を間違うと全く釣れないことが多い。個人的にミノーのダウンサイズ・レンジ下げとしてシャッドを使う方が性に合っているのでそんな時にはosp・ハイカットの出番となる。
大体ミノーと言えば水面下50cmがゾーンであることからそれより下のポジションにバスが位置しているときは到底ミノーでは攻略できない。活性が割と高いとき、つまり偏向サングラスで目視可能である場合にはミノーを選択、目視出来ない場合にはシャッドを選択する。と長々と書いたが基本的にシャッドの出番としてはタフコンディションである。

・osp・ハイカットといえば

万能系シャッドだと個人的に思っている。というのも上記ミノーのダウンサイズ・レンジ下げとして使用するには持ってこいのシャッドなので、ミノーをこよなく愛するアングラーにとっては扱いやすい。ただ巻き、トゥイッチ、ジャークをロッド操作によって簡単に行う事ができるので、ロッド操作を得意とするアングラーにはもってこいのプラグである。1mゾーンにおけるただ巻き、高速巻き、トゥイッチ。そしてカバーを通すときはトゥイッチでバスがびっくりする程簡単にバイトしてくるので一個はタックルに忍ばせておきたい、そんなプラグである。


・使用方法

①ストップ&ゴー
②潜らせてトゥイッチ・ジャーク
基本的にミノーと使い方は変わらない。バスのレンジに送りミノーと同様にバスの活性をみながら①②の操作を行うだけ。特に倒木などのカバーがある場合、カバー際に入れてトゥイッチするだけでバスが下から食い上げてきたりする。
特に野池・湖問わず釣れるので是非タックルに一つは入れておいて欲しい。

・弱点

値段が高い。osp全般的に値段が高いのでロストすると気が病む。また、中々自分の好みのカラーが売ってなかったりするのでロストを恐れカバーを攻めづらかったりする。逆に言えばそれぐらい構わない方はロストを恐れずドンドンキャストすれば釣果は自ずと出る代物だと思うので、是非一度は使って欲しい。


0 件のコメント :

コメントを投稿