itDEAL スマートウォッチIP67 使い方

・趣向を変えてスマートウォッチ・レビューとか

最近体調が優れない事が多くなってきた。仕事柄、激務の時が多くどうしても休日を安静に過ごしていても中々疲れが取れず、釣りに行こうにも億劫になる日がある。健康診断を見ていても数値異常が出始めた。これはいかんと思い、何かしら心拍数や血圧計が図れるものがないかと探しているとスマート・ウォッチが流行っていると聞き、早速Amazonで探す事に。スマートウォッチと言えば代表格にApple Watchなどが挙げられるが、如何せん高めなのと本当に効果があるのかよく分からなかったので安めで潰れても支障がなさそうなものを探していた。すると、結構安めでレビュー多めのモノがあったので人柱となるべく購入。

・ itDEAL スマートウォッチIP67

Amazonから早々に品物が到着する。箱はこんな感じ。
箱は簡易で包装用紙に製品が包まれておらず、スマートウォッチ・充電器共に剥き出しの状態で入っている。説明書は裏側のプラスチックの間に挟まれていた。購入してから3月保証なのでその間ならば返品可能。返品に関しては特に心配はいらなさそう。
保証書については所々日本語が怪しい部分があり、日本語はあまり期待出来ないので注意といったところ。今は最新版と改良版があるらしく、とりあえず最新版を選択。
計測可能な物は

・血圧計 

・心拍計 

・歩数計 

・活動量計 

・消費カロリー 

・睡眠検測

がメインとなっている。血圧・心拍数をメインに計りたかってので、正直他の機能は特に興味なしといったところ。

・設定順序① 

※前提
スマートフォンのセットアップは
・iOS8以上
・Android4.4以上
なので注意。機種によっては使えない可能性があるので。iphone SE・ios10.3.3と古めのOSだったが特に問題なく設定完了。それとBluetoothは起動させておく必要があるので立ち上げておく。

まず H Band というアプリをダウンロードする。説明書にQRコードの記載があるので、スマートフォンで写真を撮りアプリをダウンロードする。


H Band  を立ち上げるとこういう画面が出てくるのでメールアドレスとパスワードを入力してサインイン。メールアドレスについては捨てアド推奨どこの国のメーカーのものか分からないので個人情報対策に。

よく分からない肌の色を選択
生年月日を入力(ずらして入力、個人情報対策で
体重・身長・目標設定を入れてクリックすると設定完了。
次に、画面下のデータパネル・運動・設置設置をタッチすると私のデバイスが出てくるので私のデバイスM8を選択し、許可アクセルを選択する。連携に成功したならば接続完了するのでアプリの設定は完了。一旦お疲れ様といったところ。

・設定順序②


設定順序①が終わったら、設置画面には登録したメールアドレスが表示されて、私のデバイスにはスマートウォッチの商品名が出ている状態となっている。これからは、アプリとスマードウォッチの細かい設定を行うこととなる。
先ずは私のデバイス・L−Smartをタップ。
①メッセージアラート
着信・メールなどをバイブで知らせてくれる機能。電話の場合、電話帳登録している人の名前が出る。ラインの場合は名前とメッセージが表示されるのでかなり便利である。この機能に関しては全ての機能をONにすると電池の消耗が激しそうなので、着信とラインオンリーにしています。
②アラーム設定
目覚まし機能。バイブで知らせてくれる。
③座りがちな設定
事務などの座りがちな職種な方必須の機能。開始時間と終了時間及び通知時間を設定すれば ちょっと立とうぜ!と教えてくれるので座りがちな職種の方は設定必須。
④心拍数警報
心拍数が急に上昇した場合、教えてくれる機能。
⑤腕を回す
これまた、事務などの座りがちな職種な方必須の機能。開始時間と終了時間を設定すれば 腕回そうぜ!と教えてくれるので座りがちな職種の方は設定必須。
⑥スイッチ設定
スイッチ設定は装着・心拍数・血圧などを自動測定するための機能。電池の消耗が嫌な方は自動を外しておけばいいかも。めんどくさがりな自分は自動設定しています。
⑦メイン画面のスタイル設定
スマートウォッチ側の画面を変更する際はコレを選択。基本的に3つのスタイルがあり好きな画面を選べばOK。

他の機能は特に使った事がないので、必要な人は個々で選択しておけばいいと思う。



・1週間程使用しての感想

スマートウォッチの電池に関しては、上記の設定で大体2日は持つ感じ。3日は少々厳しいか?といったところ。問題点として、スマートフォン側がBluetoothをONにしているためか、こちらの方が電池の消耗が激しい。1日ギリギリもってくれるかといったところ。人によっては通勤時間中に動画再生などを行う場合、確実に電池は持たないと思われる。当方は動画再生も行わず、ネット閲覧を休憩時間中にする程度なので電池が持っていると考えられるのでそこは注意して欲しい

上記は部屋の中で計測したがなぜか最大歩数が866となっているので、歩数計はデタラメな模様。健康管理をしたいなら万歩計の方をオススメします。


心拍数・血圧についてはそこそこ精度は高めかも。血圧は食事後上昇していったことを確認している。もっと精度が高いのが欲しいのであればアップルウォッチを購入すべき。

睡眠品質非常に良いと出るが、二日酔いの後にも関わらずグタグタの中この数値が出たので何とも言えない(笑)どう計測しているのかは不明なので何とも言えないといった感じ。
総評は4000円にしては機能的に良い。特に問題なく使えているので、安い割には使えるといったところ。気になる方は購入検討すべきスマートウォッチかと。


※GPS運動・ブレスレット運動に関しては未だ使っていないので、今後追記予定

※追記
GPS運動は全く使えない。先ずスマフォの地図の位置がずれているので修正することが不可能。なのでGPS運動を使いたい方は他社製品推奨。


価格:3,996円
(2019/9/26 21:24時点)
感想(4140件)

価格:3,999円
(2019/9/26 21:25時点)
感想(1277件)

新品価格
¥3,899から
(2018/10/2 20:45時点)

0 件のコメント :

コメントを投稿