MEGABASS  グリフォン 野池ならこのサイズがベスト

クランクベイトは苦手・・・

という方向けに。クランクベイトは中々釣れなくて苦手。障害物などに当てて使うのでひっかかりやすく経済的に優しくない。このため、使うのに気兼ねするといった声を聞く。
しかし以外にもサーチベイトとしての役割は素晴らしかったりするので是非使って欲しいと思う。

・野池サイズで引っかかりにくい、それがグリフォン


もし野池で使うならばmegabass社のグリフォンがオススメである。このグリフォンは小さいながらもウォブリングによるアピールはピカイチ。ウォブリングが激しいため、バスも咄嗟にバイトしてくるのでただ巻くだけで釣れる。
ジャラジャラ系のウエイトが重心移動システムとなって、飛距離が出やすいので、ベイトタックルでロッドがmlまでならば簡単に投げる事ができる。

・その性能

最初にクッと潜ってからリップに水圧を受け始めるので不用意に頭を突っ込みすぎない。ゆえに、近くまでリーリングされてきても潜行姿勢や水噛みに差が出にくいという特色がある。レンジキープ性能に優れ、最初から最後まで、安定したクランキングを行うことが出来る。また、その独特のリップ構造は障害物にあたると一瞬ヒラ打ちを行い障害物を乗り越えて横に動く事から普通のクランクベイトに比べて回避能力が高い。このため、ロストを最小限にしてくれるという特徴をもつので経済的に優しい。

・使い方

①ただ巻き
②カバーに当ててから浮かせる
③キャスティング後放置、からのトゥイッチ
とこの3つを基本とする。野池特有の護岸沿いがある池では少し斜めにキャスティングを行いブロック沿いに隠れているバスのクチを使わすという手法があったりする。ブロック帯の場合、根がかりがしづらく、かつ、そのブロックの境目アタリにバスが潜んでいる事が多いのでランガンするのに向いている。

野池サイズならばSRを軸に、もう少しレンジを下げたいのならばMRを使用するのがベスト。カラーに関しては、特に拘らなくでもいい。そのウォブリングが早いためリアクションで使うので。特に夏から秋にかけてランガンで使用する事が多い。

・ここまで色々と書いたが・・・

短所について、一応書いておくと
①サイズが小さいので気づかれにくい
②サイズを選べない
なのでデカバスを釣りたいのならばあまりオススメしない。プラグで釣った経験が少ない人にお勧めである。また、アイチューンがかなりシビアタックルベリーにあるグリフォンは基本ちゃんと動かないと思った方が良いアイチューンで調整して真っ直ぐ泳ぐようにしなければならないので注意!

0 件のコメント :

コメントを投稿