2号・短時間単独野池釣り紀行2018⑤ クルコマインプレと共に

・超短時間釣行に

午前中は用事がありそれを済ませて15:45以降に開始。あまり時間に余裕がないので今回はスピナベパターンで早い釣りで決着をつける事に。発売当初から気になっていた一誠 GCクルコマを使用。野池サイズスピナベと言えば競合にDゾーンフライがあるが2つのスピナベについてアドバンテージ等を検証出来ればと思い、一誠 GCクルコマで釣り開始。

・風:微風
・天候:晴れ
・気温:暑い
・水質:濁り無し・減水

・A Pond到着

池全体を見回すと減水気味で今週の雨を感じさせない野池状況なのだが、今週降った雨の影響か水中の活性酸素が豊富らしくギルがトップ辺りをうろちょろ動いている状況。ギルスクールがトップ辺りに集結しているところを見るに、トップゲームを展開すればイイ思いをする事が多いのだけれども、今回は一誠 GCクルコマが気になるので後回し。
一誠 GCクルコマ初回限定版のみダブルウィロー、シングルウィロー各1個入となっているが、これが大変ありがたい。というのも使い分け可能な点が気にいっており、特に倒木があるところではシングルウィローを中心に、オープンのところについてはダブルウィローで攻めたいのでこういう二個入りスピナベだと設定が楽だったりする。
シングルウィローにトレーラーはゲーリーヤマモト・4インチグラブを着ける。倒木の横にキャストしゆっくり巻いてくると後ろから魚影が追いかけてきてバイト!

キーパーサイズを早々にゲット。かなり活性が高いので上手く入れば連続で釣れると見た。再び倒木横に投げて今度はスピードを上げると後ろから魚影が高速で追いかけてきてバイト!するがブレードバイトだったらしくミスバイト。バス自体は活性が高いので期待は出来そう。
ここで気になるトップパターンを展開、3dsクランクSSRを使用しトップ虫パターンにてバイトを狙いにいく。
トップギリギリをトゥイッチで何度も虫が溺れているが如くアピールしているとバイト!が上手く入らず・・・虫系ワームなら余裕で釣れるが、あくまでストロングの釣りを今日はやりたい・スピナベで釣りたい。ということでダブルウィローに変更。ワンド(小)で今度はダブルウィローでアプローチ。ここも倒木は多いが比較的オープンウォーターとなっており、引っ掛かりにくいのでキャストしていく。よく見てみると、ヨンマルくらいのバスが岸際にて待機しているので一度軽く通してみるとチェイスあり。このバスは釣れると確信があったので10分程他の場所にてキャストした後、入り直して岸と垂直になっている倒木横スレスレを沖に向けてキャストしリーリング。すると先ほどのバスであろう魚体が倒木下からスッとスピナベを口に入れたのでフッキング!


ヨンマルは無さそう・・・サイズを測ってみると


37cmくらい?6月に入った事からアフター回復と思われるバス。

納得の2本を釣って今回は終了。今日は4バイト2本であった。

・一誠 GCクルコマ インプレ

初回限定版は
ブルウィロー、シングルウィロー各1個入となっており、使い分けが可能。基本的に水中に倒木が入り乱れている場所及びカバーがある場所についてはシングルウィロー、それ以外はダブルウィローで展開するのが良さそう。タックル構成については、グラスコンポジットMLならバスのバイトは弾きにくかった。ただ、ロッドについては人によって好みが違うため何とも言えないが、MLロッド推奨で十分対応可能となっている。トレーラーは4インチ系を基本として好きなワームを着ければいいと思う。

同系統のスピナベであるDゾーンフライと比べてクルコマは設計が頑丈となっており、スピナベが折れるといった心配は無さそうな感じ。Dゾーンフライは耐久性をギリギリにワイヤー部分の強度を下げているので水中から引き抜くといったことは正直出来ない(一度引き抜きでワイヤーを折っているので・・・)。ただ、バイトについてはDゾーンフライの方が多いように感じる。この部分が強度を犠牲にしてでもバスを釣る為に最弱設計したことによる賜物なのだろう。クルコマの場合、サンマル後半を引き抜いてみたが特にワイヤー部分が曲がる事もなく次のキャストが可能だったので、強度の仕上がりは満足している。
ただし、クルコマをリーリング中にふと思ったのがこのワイヤーベイトはレンジが表層から中層メインであるのに対してDゾーンフライは表層からリーリング次第では底でゆっくり引ける点に相違がある。リールについては5.5ギアのローギアでリーリングしていたがクルコマの方が気持ち早めで巻かないとブレードが回転しない。それに対してDゾーンフライについては底に着けてからリーリングをゆっくり行ってもブレードの回転を感じられたのでレンジの幅はDゾーンフライの方が広いように感じている。
しかしながら、両者ともに共通している点としてバスのサイズは選べない。クルコマのコンセプトが来るもの拒まず。同じくDゾーンフライのコンセプトがスモールワームに釣り勝てる超小型スピナーベイト。両者共にスピナベで釣る事を前提としたコンセプトなので初心者向けという点ではどちらを使っても変わらないように感じた。

・一度まとめてみると


・比較表
◇強度   クルコマ>Dゾーンフライ
◇バイト数 クルコマ<Dゾーンフライ
◇レンジ  クルコマ→比較的表層から中層
      Dゾーンフライ→表層から底まで(底でゆっくりリーリング可能)
◇値段   クルコマ(初回限定版:2138円)>Dゾーンフライ(合わせて2500
      円)→店舗によるので比較は無意味かも・・・
◇バスのサイズ  クルコマ=Dゾーンフライ(サイズは選べない・・・)


と比較して色々と書いてみたが、どちらがイイかと問われたら好きなブランドを購入したら?と回答します。スピナベで釣ってみたいというアングラーは好きなブランドの方が自分を信じて投げ続けれると思うので。一度試してみて欲しい。
新品価格
¥2,138から
(2018/6/9 19:02時点)
価格:2,135円
(2018/6/9 19:42時点)
価格:1,312円
(2018/6/9 19:44時点)

0 件のコメント :

コメントを投稿